渡邊雄太(バスケ)の家族の経歴が凄い!日本でプレーする可能性は?

この記事は3分で読めます

「わたなべゆうた」と名前を聞けば

ほとんどの人が

渡辺徹と榊原郁恵夫妻の長男で

俳優の渡辺裕太さんを思い描くかも

しれませんが、

バスケ好きの人にとっての

「わたなべゆうた」といえば、

ジョージ・ワシントン大学に留学している

渡邊雄太さんでしょう!!

 

日本人離れした長身の体格で

NCAAディビジョンIの強豪、

ジョージ・ワシントン大学に留学し

日本人の中でNBAに一番近い人とも

言われています。

 

そんな日本バスケ界の宝でもある

渡邊雄太さんですが、

家族の経歴も凄いんだとか・・・

スポンサードリンク

渡邊雄太 プロフィール

名前:渡邊 雄太(わたなべ ゆうた)
生年月日:1994年10月13日
出身地:香川県
出身校:尽誠学園高等学校→ジョージ・ワシントン大学
身長:206cm 
体重:89kg

 

香川県三木町の三木スポーツ少年団で

バスケを始め、

高松市立牟礼中学校時代には

香川県選抜に選出、

高校はスポーツ名門校の尽誠学園に進学し

1年時からスターターに名を連ね

ウインターカップでも

2年連続準優勝・ベスト5の成績を残すなど

輝かしい成績を持っている。

 

目標はNBA!だから大学はアメリカ

尽誠学園3年になってからすぐに

アメリカに行きたいと思っていた渡邊雄太さん。

目標を立てるからには大きい方がいい

と、周りの反対があったにも関わらず

最後は日本人初のNBAプレイヤーの

田臥勇太選手の後押しもあり、

渡米を決意し、

大学進学の準備学校を経て

NCAAディビジョン1の強豪校

ジョージ・ワシントン大学に入学。

 

日本人離れたした長身は2m超え。

日本だとやはり

センターポジションになりますが

アメリカだと2m超えでも

ゲームメイクをするガードや

いわゆる点取り屋と呼ばれるフォワードの

ポジションをやる選手も多いので

渡邊雄太選手も

アメリカの高いレベルの中で

オールラウンドプレイヤーとしての

才能をさらに開花させます。

 

英語が堪能ではなかった時期は

チームメイトのケビン・ラーセン選手が

助けになってくれたそうです。

ケビン・ラーセン選手は

モントローズ・クリスチャン高校時代に

富樫勇樹選手と

チームメイトだったこともあり

渡邊雄太選手とも

自然と仲良くなったんだとか。

 

日本人はシャイなので、

当時の渡邊雄太選手にとって

ケビン・ラーセン選手の存在は

精神的に大きかったでしょうね!

 

 

大学2年時の8月には、

ジョージ・ワシントン大学が来日し

東京・大阪・静岡で

日本代表との試合を行い3連勝、

琉球ゴールデンキングスとも

親善試合を行い勝利を飾っています。

 

2018年2月28日の

大学最後のホームゲームでは

自己最多得点の31点の大活躍。

 

大学時代の渡邊雄太選手は

アトランティック10カンファレンスの

最優秀ディフェンス選手賞を受賞するなど

アメリカ人相手でもアタック負けしない

ディフェンスは評価が高く

個人としても素晴らしい評価を受けています。

スポンサードリンク

家族構成をチェック

渡邊雄太さんの家族は、

父・母・姉の4人家族です。

すぽると! より

 

父:渡邊英幸

父の英幸さんは、

日本リーグに所属していた

社会人バスケットボールチームの

熊谷組ブルーインズ

在籍していた選手です。

 

母:渡邊久美(旧姓・久保田)

母・久美さんは甲子園学院高校から

女子バスケリーグ(Wリーグ)に所属する

シャンソン化粧品に入団。

(当時は旧姓の久保田久美)

日本代表にも選手されており、

国際大会にも出場しています。

 

渡邊雄太選手のお母さんも

Twitterをやっているようです(^-^)

 

姉:渡邊夕貴

姉の夕貴さんも小学生からバスケを始め

中学では選抜チームに選出、

高校は女子バスケの強豪の桜花学園に進学。

卒業後はアイシン・エィ・ダブリュで

プレーをするも、3年で現役を引退。

 

 

家族全員、日本のトップリーグで

プレイした経験のある一家なんて

そうそういないですよねぇ^^;

両親から受け継いだ

バスケDNAも半端ない!!

日本でプレーする可能性は?

渡邊雄太選手のプレーを

日本代表との親善試合の時に

一度見たことがあったんですけど

リバウンドからのダンクとか

それはもう凄かったですっ!!

 

大学卒業後に日本でプレーする

可能性はあるのでしょうか?!

 

渡邊雄太選手は

NBAが目標と公言しています。

NBAのシーズンオフに行われる

NBAサマーリーグに招待され

そこでアピールできることが

勝負となってきます。

 

最初の1年でNBAのドラフトに

引っかからなかってとしても

アメリカに残り

NBAの下部リーグのD-Leagueや

他リーグでプレーをして

どんな形であれNBAへの切符を

取りに行くでしょう。

 

個人的にはNBAでプレーできる

実力は過去とも今とも比べても

日本人の中で一番ではないか!?

と思っています。

 

日本のリーグでプレーするのは、

だいぶ先・・・でしょうねぇ^^;

東京オリンピックでは怪我などない限り

確実に日本代表になると思うので

東京オリンピックで観れると

思っておきましょ(笑)


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ