生駒山上遊園地のお得なチケットや夜景について!ナイター営業はいつから?

この記事は3分で読めます

関西周辺のテーマパークといえば、

USJやひらかたパークが有名ですが、

穴場な遊園地が生駒山上遊園地です。

スポンサードリンク

生駒山上遊園地 基本情報

【住所】
〒630-0272  大阪府東大阪市山手町2017-3
【営業日】
2018年3月17日(土)〜2018年11月30日(金)
【営業時間】
10:00〜17:00
※シーズンによって営業時間が異なります。
※天候などの理由で臨時休園または営業時間の変更あり
【休園日】
毎週木曜日(祝日及び春休み・夏休み期間は営業)
【入園料】
無料

詳細:生駒山上遊園地 営業案内・営業カレンダー

 

生駒山上遊園地は

奈良県生駒市の標高642mにある遊園地。

特徴としては、

冬のシーズンは営業していない

というところですね。

その年によって、

営業日も変わってくるので

ホームページなどでチェックが必要です!

 

土日にはキャラクターショーなどの

イベントも開催しているので

小さいお子さんたちにもオススメですよ(^-^)

 

アクセスや駐車場料金をチェック!

電車で行く場合

近鉄の生駒駅で乗り換えをして

ケーブルカーの鳥居前駅から生駒山上駅へ。

 

生駒山上駅からは歩いてすぐです。

ケーブルカーからの景色も

楽しむことができますよ(^-^)/

 

車で行く場合

生駒山上遊園地には駐車場が完備されています。

乗用車 1日  1,200円
マイクロバス・大型バス 1日  2,000円

 

駐車場からは遊園地入口につながる

トコトコてんとうむしで移動が可能で

2歳から有料で片道300円、

往復500円で利用ができます。

ここでお金を使いたくない方は

階段を使うという手もありますが

体力に自信がないとヤバイですww

 

【追記】

2017年10月の台風の影響で

トコトコてんとうむしの運転を

中止しているようで、

現在は無料シャトルバスが出ているようです。

 

お得なチケットは?

生駒山上遊園地で嬉しいのが

入園料が無料ってところですね!

小さい子を連れてると

乗るものが限られてくるので

ピクニック気分で遊びに行くのも

オススメです。

 

生駒山上遊園地の

アトラクションの数は27!

アトラクションごとに

料金が設定されています。

生駒山上遊園地では

クレジットカード、PiTaPaが利用できず

現金のみの取り扱いになるので

注意が必要です!

しかもATMもないので

使う分の現金はあらかじめ

用意しておきましょう(^-^)/

 

前置きが長くなりましたが、

お得なフリーパスは?というところで

当日のり放題の「のりものフリーパス」と

回数券「とくとくチケット」の

2種類があります。

 

のりものフリーパス

大人(中学生以上) 3,200円
こども(小学生) 3,000円
幼児 (2才〜幼稚園児) 2,500円
 団体(15名以上〜) 2,800円

※当日限り有効
※園内のアトラクションに何回でも利用可能

団体用パスは事前予約が

必要なのでご注意くださいね!

 

とくとくチケット

のりもの券12回分 3,300円

※チケットに有効期限があり

1人でもグループでも利用可能なので、

のりものに年齢制限ある

0歳〜2歳のお子さん連れの方などに

オススメのチケット。

我が家でも小さい子がいて

乗れるアトラクションが少ないので

こちらのチケットを利用しています。

 

 

フリーパスやとくとくチケットについては

飛行塔横の園内総合案内所と

繁忙日は北入口でも購入ができます!

飛行塔は遠くからでもわかるので

高い建物を目指して歩いてみてください♪

スポンサードリンク

ナイター営業はいつから?

例年、夏休み期間中の

7月中旬〜8月31日までの土日

夜9時までのナイター営業となります。

シーズンによって営業日が変わるので、

2018年はホームページに更新され次第

アップしようと思います(^-^)

 

 

ナイター営業の光は、

麓からでもも綺麗に見えるので

夏の風物詩になっています(^-^)

 

ナイター営業の時には

子供向けの水遊びエリアや

花火ショーも開催されます!

夜景も絶景

ナイター営業時期に絶対見て欲しいのが

生駒山上遊園地から見える綺麗な夜景。

大阪方面の夜景が見れて

遠くにはあべのハルカスも見えるんですよ☆

夜景だけを見るなら、

入園料もかからないので本当にオススメ!

意外な穴場スポットと知られてきたので

最近ではカップルも多いです。

とはいえ、他の施設に比べたら

混雑はしていない方だし、

訪日外国人観光客も

目をつけていないスポットなので

なかなかの穴場だと思います!

 

今ではどこも外国からの観光客が多くて

混雑していますしね〜(><)

最後に

いかがでしたでしょうか?!

メジャーな遊園地もいいですが、

地元密着の生駒山上遊園地で

1日遊ぶのもおススメです(^^)

標高が高いところに位置するので

大阪市内よりも5℃くらい

温度差がある感じがするので

真夏でも夕方は過ごしやすいですよ♪


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ