ドンファン(野崎幸助)の家政婦になぜ遺産金が?妻(嫁)との仲は?

この記事は3分で読めます

紀州のドン・ファンこと野崎幸助さんが

4月25日に急死していたことがわかりました。

 

当初は自殺と思われていたこの事件ですが

野崎幸助氏の体内から覚醒剤成分が

検出され、謎が深まるばかりです。

スポンサードリンク

事件について

和歌山県田辺市の金融・不動産関連会社社長、野崎幸助さん(77)が24日、自宅で死亡し、遺体から多量の覚醒剤成分が検出されたことが、捜査関係者への取材で分かった。何者かが故意に摂取させた可能性もあるとみて県警が調べている。野崎さんは資産家として知られていた。

捜査関係者によると、野崎さんは24日夜に同市朝日ケ丘の自宅で倒れ、その後死亡が確認された。目立った外傷はなかったが、県警が司法解剖を実施したところ、体内から覚醒剤成分が検出された。致死量を上回っていた可能性があるという。

引用:毎日新聞

 

事件当日は、

野崎幸助氏の再婚相手である

55歳年下で22歳の妻Aさん

長年家政婦をしていた

元六本木クラブのママであった

家政婦のBさん

1階で一緒にテレビを見ていたそうです。

 

濃すぎる登場人物に、

ネット上でも推理小説ばりの

推理をしている方が続出ー。

 

それもそはず。

亡くなるちょっと前から

野崎幸助氏の身の回りに

不審なことが起こっていたからです。

 

深まる謎の数々

結婚式の取りやめ

和歌山県田辺市の闘鶏神社で

3月上旬に予定していた

野崎幸助氏と妻の結婚式。

下見もしていたのに、

挙式直前の2週間前に

なぜか中止していました。

 

さらには、2週間前の5月6日に

愛犬の容体が悪くなり、

動物病院へ連れていく車の中で

急死したという出来事もありました。

 

 

確かにここまでくると

なんか腑に落ちないですよね・・・

しかも、22歳の妻とは

仏滅の日に入籍したそうなんですが、

やっぱり仏滅の日の結婚は

よくないですよねぇ(^^;)

個人的には愛犬の死も気になりますが、

神社での結婚式をなんで取りやめたのかが

とっても気になります。

スポンサードリンク

家政婦に遺産金が4000万?

デヴィ夫人がテレビに出演した際に

「(野崎幸助さんが)家政婦のBさんに

4,000万円の遺産を残していると

言っていた」と話しています。

 

なんでも、

30年来の付き合いでお世話になったから

との理由らしい。

 

野崎幸助氏のお世話を始めたのが

クラブを辞めてから。

この家政婦は東京港区のマンションに住んでいて

元クラブ経営者だったそうです。

 

東京の一等地に住んでいる人が

わざわざ和歌山まで通って

家政婦をしていたことがまず不思議・・・

資産家の野崎幸助さんからすれば

信頼できる人を置きたいのは

当然だとは思いますが、

わざわざ東京から和歌山に

行っていたというのが

本当にビックリですよねぇ。

これだけ通っていれば、

JALのマイルも相当溜まってそうww

家政婦と若妻との関係は?

個人的な勝手な想像ですが、

家政婦も野崎幸助氏と

少なくても過去には

デキていた時期があったのではないか?

と思っていますw

(家政婦本人は、ただの友達で

信用できる人と話していますが。)

 

私の勝手な想像は置いておき・・・(笑)

そんな家政婦さんですが、

事件後、若妻Aさんについて

「控えめな人だからショボショボ話したり、年齢もまだ22歳で(人生)経験もない。北海道出身でしきたりとかも違うし、どうしていいのか分からなかったんだと思う」

出典:東スポweb

と話しています。

 

事件当日は

一緒にテレビを見ているなど

普通に仲は良かったようですね。

 

でも、ネット上では

逆に仲が良いのが怪しい

と言われています。

 

状況的に自殺ではないのなら

外部犯・・・というのは考えにくいし

やはり事件当日に

自宅にいた二人が怪しいと思われるのも

仕方がないですね^^;

 

警察の調べで事件の真相が

明らかになると思うので

今後とも注目していきたいと思います!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ