Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

日和佐裕子の年収はギャラは?交通安全教室の引かれ役で有名!

この記事は3分で読めます

交通安全教室で車に引かれる役を

1年間で300回もやっている

スタントマン女性をご存知ですか?!

 

この間、夕方のテレビで

特集されていたんですけど、

小学校の交通安全教室で

えげつないほどリアルに

車にひかれてて、

テレビを見てた私も

めっちゃ引いてしまいましたww

 

こんなにガチで車とぶつかって、

体は怪我しないの?!

と心配になるほどΣ(T□T)

 

この交通安全教室で

何度も車にひかれる女性の名前は

日和佐裕子(ひわさゆうこ)さん

というそうで、

スタントマンが本業なんだそうです。

 

スタントマンっていくら位稼いでいるのか

気になりますよね〜!

 

ということでっ<3

今日は日和佐裕子について

深堀していきたいと思います♪

スポンサードリンク

日和佐裕子とは?

【生年月日】1972年8月15日
【出身地】東京都
【身長】163cm
【体重】58kg
【血液型】O型

 

テレビでスタントマンとして

取り上げられることが多いのですが、

本業は女優で

サスペンス系のドラマや映画に

出演されています。

 

スタントマンやアクション系の映画に

出たいと思ったきっかけは

あのジャッキーチェン

 

危険なシーンの代役をする

スタントマンの技術を生かして

交通安全教室で年間300回以上も

車や自転車にひかれる役をする

日和佐裕子さん。

 

日和佐という苗字が本名なのか

芸名なのかわかりませんが、

「日和佐」の苗字を調べてみると

全国でも1000人ほどしかいない

苗字のようです。

 

ちなみにスタントマンを使った

交通安全教室の動画はこんな感じです。

今の交通安全教室って

こんなにリアルな実演するんですねぇ^^;

子どもたちも若干・・・

いやかなり引き気味です(笑)

私の時代の交通安全教室は、

警察署の人が説明して終わり〜

って感じだったんですけど、

より交通事故の怖さを

実演で見せているんですね!

 

これをリアルに見たら

事故は怖いってインプットされて

ちゃんと交通ルール守ろうって

子供たちも実感するんでしょうね!

でも私が子供だったら、

ぶつかるところが怖くて見れないから

目つぶってると思うwww

スポンサードリンク

日和佐裕子の年収は?

さて!今日の本題のきになる

日和佐裕子さんの年収についてですが…

 

スタントマンの仕事は

プロの仕事でも高いと言えず

300万ほどのようです。

 

あんなに体を張っている仕事で

怪我をする危険性もあるだけに

思ったよりも低いですよね^^;

 

職業ガイドのホームページを見てみると

車にはねられる:30000円
階段を転げ落ちる:50000円程度
火だるまになる:100万円

引用:職業ガイド

と大体の単価が書いてあったので

これをもとに、

交通安全で年300回以上車にひかれる

日和佐裕子さんのケースで

計算をしてみると・・・・

300回×3万で900万?!になりますね。

 

個人的には交通安全教室なら

単価も安そうに思うので、

年収は意外ともう少し低いのではないかな?

と勝手に思っちゃったりw

でも、スタント業界では間違いなく

男女関係なくトップクラス

であることは間違いないでしょう!!

 

とはいえ、

怪我のしにくい体づくりのために

トレーニングをしたりと

自分の体に

1番維持費がかかっていそうですよね!

最後に

今日はスタントウーマンとして

有名な日和佐裕子さんについて

チェックしてみました!!

 

2018年現在で

46歳の日和佐裕子さんですが

彼女はこの危険な仕事を

何歳までやるのでしょうか?!!

 

自分の体とストイックに向き合い

日々仕事に励んでいると思うので、

限界の限り一生スタントの道を

歩んでいくのかもしれませんね!

 

今後も交通安全教室を通じて

子どもたちに事故の危険生を伝える

大事な役目として

活躍していってもらいたいです!

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ