牟田都子の経歴や家族は?校閲の仕事や給料&年収についてもチェック!

この記事は2分で読めます

6月19日の関西テレビ「セブンルール」に

校閲ガールの牟田都子さんが出演しています。

 

校閲ガールといえば、

大手出版社の校閲部に配属された

石原さとみ演じる悦子の仕事ぶりと

恋愛模様を描いたドラマでも

おなじみですよね!

 

今日はリアルに校閲の仕事で

いろんな出版社から依頼がくるほど

活躍している牟田都子さんについて

注目していきたいと思います!

スポンサードリンク

牟田都子さんってどんな人?

 

【名前】牟田都子(むた さとこ)
【生年月日】1977年?月?日
【出身地】東京都
【趣味】読書・マラソン

 

牟田さん自身、校閲の仕事に就いたのは

30歳を過ぎてからだそうで

現在は総合出版社の校閲部の

契約社員をしています。

それ以前は図書館司書として

働いていたそうです。

また、出版社で働く傍ら、

東京の吉祥寺で

文芸書の校正を請け負ったり、

校正ナイトといった

トークイベントを手掛ける

ひとり校正社「栞社校正室」を立ち上げています。

 

プライベートでは、

2匹のオス猫

「みたらし」と「ユキチ」と

一緒に暮らしているようです。

 

旦那さんは犬好きだったみたいですが

牟田さんは猫との暮らしを

憧れていたみたいですよ。

 

私も猫の奔放で気ままな感じが

大好きなので、

猫との暮らしにはめっちゃ憧れます☆

 

校閲の仕事とは?

日本テレビのドラマ、

「地味にスゴイ!校閲ガール」

を見ていない人のためにも

校閲の仕事について簡単に説明すると…

 

校閲の仕事とは、簡単に言うと

文書や原稿の内容の事実が正しい

チェックするお仕事のことです。

 

似たような言葉で「校正」もありますが、

校正の仕事とは、

誤字脱字のチェックをすることです。

 

私もときたま校閲と校正が

ごっちゃになるんですが、

それぞれで作業ポイントが違うんですよね。

スポンサードリンク

校閲の仕事の給料や年収は?

さて!きになる給料面!

一般的な校閲の仕事は、

20代で20〜25万円位、

30代で25〜28万円位、

40代で30万円〜のようです。

 

だいたい年収でいうと

300万〜400万台くらいですね!

 

牟田さんの場合、

大手出版社の契約社員なので

勤務形態(時間とか)にもよりますが

もしかしたら月収で20万以下

可能性もありそうですよね。

 

ですが、自身でひとり校正社も

立ち上げて活動されているほどなので

月収でいうと合わせて30万円以上

余裕で稼いでいるのではないでしょうか?!

 

その分、校閲の仕事は

長時間の集中力が必要な仕事だし、

1つ仕事をこなすたびに

疲労度も凄そうですよねぇ。

 

私には到底できなさそうなお仕事です^^;

 

最後に

今日はリアル校閲ガールの

(校閲レディと言った方がいいかな…)

牟田都子さんについてチェックしてみました!

 

校閲の仕事ってめっちゃ神経使いそうで

気がぬけない仕事ですよね。

私には到底できなさそう・・・・ww

 

改めて振りかえってみると、

校閲の仕事は本当に大変そうですね。

世の中いろんな職業の人がいて

成り立っているんだなぁ〜と感じました!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ