Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

タイ洞窟で行方不明のサッカー少年たちはどうやって生きのびたのか?

この記事は2分で読めます

ワールドカップ2018で惜しくも日本は

ベルギーに2-3で敗れてしまいましたね。

 

予選突破を決めたポーランド戦では

最後のボール回しが議論を巻き起こしましたが

今回の健闘ぶりに心から拍手を送りたいと思います。

 

ワールドカップ中でお祭り騒ぎの中、

気がかりになっていたニュースが

タイの洞窟で地元のサッカー少年12人と

コーチ1人が行方不明になった事件。

事件から1週間経過し、

安否が心配されていましたが、

無事に全員発見された

嬉しいニュースが入ってきました!!

 

気になるのが、

行方不明になっていた間、

彼らはどうやって生き延びたのか

ということですよね。

 

今回はその辺について調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

タイ洞窟で不明の少年ら13人の生存確認!

タイ北部チェンライの地元当局は2日、洞窟に出かけて行方不明になっていた地元サッカークラブの11~16歳の少年12人と20歳代の男性コーチについて、現場で捜索にあたっていたタイ海軍の特殊部隊ダイバーが全員の生存を確認したと発表した。

出典:読売新聞

 

映像を見るとかなりやせ細っていますね(><)

暖かいベットで横になって休んで

美味しいものを食べて・・・

1日も早い回復を願うばかりです!!

 

そもそもなぜサッカーチームが洞窟へ?

まず、彼らがなぜ洞窟に入って行ったのか

きになる人も多いみたいですね。

 

私も最初は、

「サッカー少年と洞窟関係なくね?!」

と思っていたのですが、

どうやた度々

心身鍛錬のトレーニング

行方不明になった洞窟に入って

トレーニングをしていたようですね。

 

何事も恐れるな!

という精神を鍛えるために

入っていったということでしょうか^^;

 

今回は大雨による濁流の影響で

洞窟から出られなくなってしまった模様です。

 

私でさえ狭い空間苦手なのに、

さらに真っ暗な状況で過ごすとなると

絶望してしまうと思う(><)

スポンサードリンク

サッカー少年らはどうやって生き延びたのか?!

洞窟に閉じ込められた彼らは

9日間と長い間

どうやって生き延びたのでしょうか?!

 

トレーニングと称して

洞窟に入ったわけですから

食料は一切持っていなかったでしょう。

 

洞窟内の上から落ちてくる雨水や

岩を舐めて水を摂取し、

必死に耐えていたようです。

あとは体力を消耗しないように

なるべく体を動かさないでおく・・・

水さえあれば環境にもよりますが、

20日くらいは生き延びれた事例も

過去にはあるみたいですね。

 

【追記】

新しく入ってきた情報によると、

洞窟に入る前に3km前のお店で

お菓子を買っていたそうで

少量のお菓子を頼りに

コーチが食べる量を

指示していたようですね!

 

そして、行方不明になった事件といえば、

チリの鉱山落盤事故を思い浮かべますが

その時は69日ぶりの軌跡の救出劇と言われ

世界中で話題となりました!

 

とはいえ、今回のタイの事件では

最少年は11歳の男の子だというので、

小さい体で頑張って生き抜いたと思うと

涙が出てきそうになりますね(><)

 

報道ではまだ詳しい状況は

入ってきていませんが、

詳細がわかり次第追記していきますね。

 

最後に

ワールドカップで盛り上がっている中、

タイのニュースが気掛かりだった人も

多かったのではないでしょうか。

 

無事に全員が発見されたということで

一安心ですが、

彼らの健康状態はあまりよくないと思うので

1日でも早い回復を願うばかりです。

今回、もうダメかも・・・

と思っていたので、

全員が助かったのは本当に良かった!!

 

多分だけど、何年かしたら、

世界仰天ニュースで取り上げられるんだろうなぁ。

早く救出活動が進むことを願うばかりです!

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ