Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

習近平の顔に墨をかけた女性はどうなった?父親はなぜ逮捕に?

この記事は3分で読めます

7月上旬に中国の習近平体制を批判し

習近平の顔写真に墨をかけた女性が

行方不明となりました。

 

私もこの件については、

Twitterのリツイートで目にしたので

知っていたのですが、

ネットでは結構大騒ぎになっていたのに

日本のキー局など

マスコミではほとんど報道されておらず…

(正義のミカタでは7月28日に取り上げられていました!)

 

…と思っていたら、

8月2日のあさチャンで報道していました!

 

彼女はその後、

一体どうなったんでしょうか。

また父親も逮捕されたという情報も…?!

スポンサードリンク

中国で女性が習近平の顔に墨をかける!

7月4日午前6時40分過ぎ、上海の海航ビルの前で、壁に大きく貼られた習近平の写真(ポスター)に墨汁をかけた女性が、その様を自撮りしてネットにアップした。女性の名は董瑶けい(「けい」は王へんに「京」)で、湖南省出身の29歳。このときは上海の不動産業関係の会社に勤務していたらしい。

引用:https://www.newsweekjapan.jp/

 

中国語なのでわからなかったのですが、

ニュースサイトやTwitterによると

女性は董瑶琼さんという方で

墨をかけながら、

「独裁的な暴政に反対!」

「習近平を恨む!」と叫んでいたようです。

 

彼女自身も過去にも民主活動家が

独裁体制を批判して

拘束されたことを知っているので

今回の動画でも

捕まえにこい!と言いながら

墨をかけています。

 

 

墨をかけたのが公共に貼られていた

ポスターだったので

それに墨をかけるのは普通にアカンというか

器物損壊に当たるのでは?

と思ったのですが・・・・・^^;

一方で、彼女の言論の自由自体は

守られるべきだとは思います。

 

董瑶琼さんは墨かけした自撮り動画を

生配信していたので

その様子がネットで一気に拡散されますが

案の定、午後には

自宅に中国の公安が来て連行されてしまいます。

 

中国公安当局はどうやって

彼女の家を特定したんでしょうか。

やはりネットも監視されて

全て行動が把握されているという意味なのかも。

 

董瑶琼さんは今、

どうなっているのでしょうか・・・

 

 

彼女は一体どこへ?

公安らしき人たちに連行されてから

行方不明となっていた董瑶琼さん。

 

報道によると、

精神病により精神病院に連れて行かれた

とされています。

 

拷問など酷いことされていないと

いいんだけど・・・・

あまり情報が入ってこないので

かなり心配です。

スポンサードリンク

父親も逮捕された?!

董瑶琼さんの父親の董建彪さんも、

ネットで声明動画をあげています。

 

しかし父親や支援者の人たちも

逮捕されてしまったという情報が・・・

中国語の動画なので詳細の発言は

わかりませんが、

娘の安否を心配している父親までも

逮捕されるのはなんでだろう??

 

父親があげた最初の動画にも

反体制なことを話していたのでしょうか…

その辺詳しく知りたいですね(><)

 

現在は軟禁状態にいるみたいで、

8月1日に声明文を出しています。

内容を簡単に訳すると・・・

  • 娘は精神病ではない
  • 娘のところに訪問したい
  • 娘の医療記録を確認したい
  • 治療が必要だとしても、入院に同意しない
  • 3日以内に返信しない場合は次のステップに進みます

という感じの意味のようです。

(google翻訳使いました)

 

少し疲れているように見えますね・・・

一刻も早く、

娘さんと会えたらいいのですが、

会うのも許されないのでしょうか・・・

 

最後に

日本では政府に対しても

批判的な言論やデモをしたとしても

言論の自由があるので

好き放題言いたいこと言えますが、

世界には反体制の発言をすれば

弾圧されてしまう国も

実際にあるんですよね…

 

今回の件については

引き続き動向を追っていきたいと思います。

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ